美肌ブログ

HOME» 美肌ブログ »オーガニックってそもそも何?

美肌ブログ

オーガニックってそもそも何?

現在、食べ物や化粧品、はたまた布製品などにオーガニックという言葉が
たくさん使われています。言葉のイメージでは「体に良さそう」
「自然でナチュラル」といったことを連想されるのではないでしょうか。
オーガニックとは直訳すると「有機の」という意味になり、化学合成農薬や化学肥料を使わずに有機肥料を使い、その土壌の持つ力を生かして栽培する農法のことです。とても色々な条件がありますが、しかしこれは食品に対してのもので、日本製の化粧品に関してはそれぞれの会社の定義に
よるのが現状なのです。
日本製の化粧品で「オーガニック」と書かれているものは、すべてそれぞれのメーカーなどの判断によるものです。なぜなら、日本には化粧品のオーガニックを認証する機関がないからです。しかし、海外の場合はオーガニック認証機関があります。ですので海外製品でオーガニックコスメで入ってきているものは、だいたい下の認証を
受けています。パッケージなどに認証マークが印刷されているので、一度見てみてはいかがでしょうか。
フランスのトゥールーズを拠点とする、世界最大規模の有機製品認定機関。
もともとは 農産物の認証から始まり、加工食品、ついでオーガニックコットン、最近になってコスメへと認証の分野を広げてきました。「95%が自然原料であること」
「遺伝子組み換え原料の使用は不可」といった厳格な基準が設けられています。
2002年に設立されたフランスのエコロジカル・オーガニック化粧品協会。
「100%天然由来から構成されていること」「石油由来物質を使用しないこと」など、
エコサートよりもさらに厳しい基準が設けられています。
無農薬・化学肥料を使わない大地で作られた植物を使って、製品化した化粧品。
これををオーガニックコスメと呼びます。 そして、それが本当に無農薬から作られたものなのか判断してくれるのがオーガニック認定の機関です。ただし、 認定を受けていないものも、各メーカーの独自の判断で
「オーガニックコスメ」だと呼ぶことがあります。ですので 実際に認定を受けているかどうかも製品選びのポイントになります。また、日本のオーガニック認定機関は農林水産省の有機JAS認定がありますが、これは「食品」に対しての認定ですので、 化粧品として認定を受けることは出来ません。日本製のオーガニック化粧品は、各社で独自の無農薬栽培によって 作られています。
2016/04/11