美肌ブログ

HOME» 美肌ブログ »足のむくみはなぜ起きるの?

美肌ブログ

足のむくみはなぜ起きるの?

デスクワークで座りっぱなしの状態や立ちっぱなしだと、夕方ごろブーツがキツくなる、
なんていう経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

指でふくらはぎを押すと、その跡がくっきり残るほどにパンパンになっている事もあります。
このような「むくみ」、医学的には浮腫(ふしゅ)といい、女性によく見られる症状の
ひとつです。そのむくみは、なぜ起きてしまうのでしょうか。
むくみは血液の循環と深く関わっており、心臓がポンプの役割をして体内に流れる血液は、
水分や栄養分を細胞へ供給しています。それと同時に、細胞内で不要となった物質は、静脈や
リンパ管に戻り再び体内へと流れます。しかし何かの原因でリンパ管や静脈の流れが滞り、
溜まってしまっている状態がむくみなのです。
原因はいくつかあり、一過性のものと、血管や肝臓、腎臓、または
心臓の障害による何らかの危険サインである可能性があります。
長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいます。すると、
戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまうのです。
立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような原因があります。
足の筋肉は収縮することによって血液を循環させるポンプの役目を果たします。運動不足によって
ポンプ機能が低下しまうことで足に水分が溜まりやすくなってしまうのです。
放っておくと冷え性や血行不良を伴うむくみが起こることもあります。
水分や塩分を採り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。
それにより余分な水分が留まりやすくなり、むくみの原因になります。
静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れることで血液が逆流し、
血液が足に溜まってしまう血管の病気が原因でむくむことがあります。
悪化すると、溜まった血液により肌が黒ずんだり、湿疹やかゆみの元にもなります。
血管内に水分を保持するアルブミンという成分があり、肝臓が弱っていると
成分がうまく生成されなくなります。そのため、動脈の水分が血管の外に出やすくなり、静脈では
血管に水分が戻りにくい状態になってしまい、むくみを引き起こす原因となります。
肝臓がなんらかの原因で弱ってしまうと、カラダの中にある余分な水分を尿として
排出することが出来なくなり、むくみの原因となります。また、心臓の機能が弱ってしまうことでも
むくみの原因となることから、むくみとなる原因にはさまざまな考えられます。
もし、慢性的なむくみが1週間以上続くなどの場合は、内科などの専門医による診断を
受けましょう。
ふくらはぎのむくみを改善する方法として、衰えているポンプ機能を鍛えてあげる
ことが重要です。それでもむくみが発生した場合は、しっかりと血流を促進できる
マッサージなどを行うことが有効です。

足のむくみは血行が悪くなると症状が出てくるので、血行をよくするマッサージを行うことで、
ある程度解消することができます。まずは足をマッサージしてみましょう。
オススメはリンパマッサージです。なぜならリンパマッサージは通常のマッサージのように
力を使う事なく行う事ができ、女性にも気軽にできるという長所があります。
また、リンパマッサージを行うことで太りにくい体質に改善されるという所も期待できます。
両手で足裏を包み込むようにして、親指を使って
足裏全体を押します。足裏には足の反射区という
概念があり、足裏を刺激する事で、身体の臓器にも
影響があると言われています。痛みが強い人は、
痛みと感じないレベルの圧で押しましょう。
足裏と同じく甲側もまんべんなく押します。足の甲は押しづらいのですが、むくみの
よいとされる大切なツボがありますので丁寧に押してください。 同じ力で押していても、
痛く感じるところと、そうではないところとあると思います。痛みを感じるところは力を弱め、
回数を多く押すようにしましょう。
両指全体をマッサージ。指の付け根から足先に向かって、1本ずつ丁寧に指先の腹で
少し引っぱるような感じでテンションをかけて、つまむようにしてもんでいきます。

指先にも重要なツボがたくさんありますので、細かく入念にもむ意識でマッサージすると
その違いに驚くことがあるかもしれません。
足首からひざ裏の膝窩リンパ節まで、左右の手を交互に使いさすり上げます。
手のひら全体を肌にぴたっとくっつけて、マッサージしてください。特に指先は離れがち
ですので、指先に力を入れるのはよくありませんが、肌に密着させている意識は持ちましょう。
太ももの内側を、膝から足のつけ根(鼡径リンパ節)に向かって左右の手で
交互にさすります。内側をマッサージした後は、太ももの外側も同じようにさすります。
太ももの付け根には、むくみを解消をする重要なポイントがありますので入念に
マッサージしましょう。
2016/04/15